お金借りるならどこがいい?

おすすめのカードローンをランキング形式でご紹介します。

▼審査通過率Ranking▼



最短1時間で融資!プロミスはWEB完結で24時間キャッシングOK!!瞬フリなら10秒でお振込!


※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください!


みずほ銀行カードローンは「Web完結申込」が可能!!




三菱東京UFJ銀行カードローン お試し診断



▼プロミスWEB完結を動画で解説▼

【どうしても不安ですか?】
プロミスには無記名でOKな無料お試し診断があります。最後にもう一度「本当に無理かどうか」をチェックしても良いのではないでしょうか?
こちらの公式サイトでどうぞ!
最短1時間で融資!プロミスはWEB完結で24時間キャッシングOK!!瞬フリなら10秒でお振込!


キャッシングやカードローンを使うに当たって気をつけたいこととは一体何でしょう。

近年、改正化資金業法が段階的に適用されているという状況にあります。

1人当たりの融資金額は年収の3分の1に留めるということが改正化資金業法で新たに定められ、これを2010年6月には適用するとされているのです。

きっかけはわずかな金額でも、借入金が膨れあがって返済が追いつかなくなると、まともな思考力が徐々に失われていくといいます。

周囲が気づいた時には取り戻しのきかない状況になっていることも増えています。改正化資金業法で総量を規制するのは、近年深刻化している多重債務問題の予防措置であると言われています。

けれども、今は使えているカードローンやクレジットカードのキャッシング機能が一部使用不可能になるのではないかといわれています。

カードローンやキャッシングを使う際、複数の金融会社の融資を使って、限度額範囲内での借り入れをしては返済しているということは多いようです。

そんな中で改正化資金業法があると、数社からの借入金の合計が3分の1より多い場合は融資が認められなくなってしまいます。改正化資金業法が適用されたことによって、他者からの借り入れによる返済が滞ってしまって自己破産や債務整理が増えるのではないかという意見もあります。

新たなカードローンやキャッシングの申し込みも難しくなる事も予想されます。気軽に借り入れができて手続きも返済も手軽なキャッシングやカードローンは、いざという時に心強い存在になってくれることは事実です。

カードローンやキャッシングを利用する際には、あくまでも借金である認識を持ち、上手に利用することが必要なのではないでしょうか。